診療案内

一般歯科(根管治療)

一般歯科(根管治療)

取り残しのないむし歯治療

「不要な部分を削らない」むし歯治療は当然のことです。とはいえ、そこにむし歯が残っていたらどうでしょうか。フタをした歯の奥からむし歯が再発してしまっては元も子もありません。当院ではマイクロスコープなどの精密機械を駆使して、悪い部分だけをターゲットにして「取り残しのない」むし歯治療を行います。

歯の寿命を延ばす治療とは

できるだけ歯を抜かない治療はすべての歯科医師が目指すところでしょう。とはいえ、進行度によっては抜かないと他の歯に悪影響を及ぼす場合もあり、その見極めが肝心です。また、歯を残しても神経を抜いてしまったのでは、あまり意味がありません。神経を抜いた歯は、結局は長持ちしない可能性が高くなります。当院では神経を守りながら歯を残すための治療を行います。

神経を残すためにできること

根管治療(歯の根っこの治療)はともかく、むし歯治療のために、マイクロスコープを使うのは大げさではないかと思われる方もいるかもしれません。肉眼で確認できる範囲でしたら、通常の拡大鏡を用いての治療でも大丈夫です。しかし、「もしかしたらむし歯が奥にあるかもしれない」「神経の近くにあるので取り除くのが難しい」という場合は、精密機器を使って確認しながら行うことで、取り残しなく治療することが可能となります。

最大21倍に拡大して根管治療

当院では、マイクロスコープと拡大鏡を駆使して、最大21倍に拡大した状態で、精密な根管治療を行います。歯の根っこの形は人それぞれです。歯の奥のさらに奥まった部分に汚れが潜んでいることは多々あります。根管治療をしたという方でも、奥まで薬剤が届いていないことも少なくありません。

ニッケルチタンの針、ラバーダムも使用

根管治療の際は、細い針のような器具を用いて病巣や汚れを取り除きますが、当院ではその器具の素材にもこだわります。一般的なステンレス製の器具では届きづらい部分には「ニッケルチタン製」の器具を使用します。これは柔軟な金属でできた治療器具で、細くて複雑な根管内の汚れを従来のものより大幅に取り除きます。
また、歯の根っこで菌が繁殖しないための「ラバーダム」という滅菌処理も怠りません。

予防診療

予防診療

予防のための通院が大切

「歯が痛いから」「歯がグラグラするから」などの症状が起こってから歯医者に行くという方がほとんどではないでしょうか。しかし、歯や歯茎の病気は、元の健康であった状態に戻すことはできません。ですから、「痛くなる前に歯医者に行く」という、予防のための通院が大切です。

定期検診のすすめ

ごく初期のむし歯は治療をしてしまうことで、歯に余計な負担を与えないため治療をせずそのまま様子を見ることがあります。その際、ご自宅でのセルフケアをきちんと行うことで進行を防ぎます。その後は定期検診でレントゲンを撮り、進行していなければ薬を塗布し再び様子を見ます。進行していれば早期治療が可能です。

定期検診のメリット

「お口の健康をキープできる」
むし歯や歯周病の発症を防ぎ、お口の健康を維持し、ご自分の歯を長く使うことができます。
「治療費の負担が減る」
症状が悪化してからの治療は治療回数が増えます。予防をすれば、治療が不要になり、治療費の負担も減らすことができます。
「早期発見でき、痛みも抑えられる」
定期検診は早期発見・早期治療を可能にします。早期に見つかれば簡単な治療で済み、痛みも抑えられるでしょう。

PMTC、フッ素塗布

予防診療では、衛生士による歯のクリーニングPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)を行います。どんなに毎日磨いているつもりでも歯ブラシだけでは口の中の汚れは約60%しか取れておりません。専用の機械を使って、ご自分の歯磨きでは落とせない汚れをきれいに取り除きます。またむし歯の予防になるフッ素を塗布し、ご自宅でのブラッシング指導も行います。進行していれば早期治療が可能です。

歯周病治療

歯周病治療

歯周病の基本的な治療

歯周病は、歯肉が歯に接する付近に存在する歯垢中の細菌が主な原因となって進行する病気です。歯茎と歯の間にできた「歯周ポケット」といわれるスペースが、歯周病の進行につれて深くなります。細菌が増殖するにつれて空間が広がり、歯茎が腫れ、骨を溶かし、やがて歯は抜けてしまいます。超音波スケーラーやハンドスケーラーを使い、原因である歯垢の除去、歯石の除去、歯の根の面の滑沢化、ぐらぐらする歯の咬み合わせの調整などを行っていきましょう。

進行しても諦めない!リグロスで組織再生

進行してしまった歯周病の場合でも、歯を抜かずに対応できるのが、「歯周組織再生療法」という治療法です。フラップ手術(歯茎を開き、深い歯周ポケット内の歯石や病巣を除去し、歯根面と歯茎の再付着を促し、歯周ポケットを減少させる)の際にリグロスという薬剤を使って行います。リグロスの成分は細胞を増やす成長因子で、この成長因子の作用により歯周病で破壊された歯周組織の再生を促します。

リグロスと同じ成分は褥瘡(床ずれ)などの治療に使用されており、2016年9月よりリグロスによる歯周組織再生療法は保険適用となりました。 診査・診断が必要ですのでお問い合わせください。

小児歯科(小児矯正)

小児歯科(小児矯正)

早期治療の重要性

小児の歯は大人の歯よりも弱く、むし歯に感染すると大人以上のスピードで進行してしまいます。痛みに気づいたときにはむし歯はすでに進行していることも多いので、早めの治療がお勧めです。当院では、小児のむし歯の治療、定期検診、フッ素塗布などの予防治療、ブラッシング指導、矯正治療などを行っています。

相談については無料で行っております

当院では矯正歯科医が無料で相談に応じています。小児矯正の場合は、歯の生え変わり期である6歳前後に一度ご相談いただくのがベストです。適切な治療開始のタイミング、治療方法、将来の見通しなどをカウンセリングいたします。お子様の歯並びが心配な方は、一度ご相談ください。

成人矯正

成人矯正

矯正歯科医師による無料相談

当院の矯正歯科は矯正の担当医が対応いたします。歯の状態やご希望などに応じて治療を選択できます。ご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

目立ちにくいブラケット矯正

一般的には金属の装置(メタルブラケット)を歯の表面に装着してワイヤーを通すのが「ブラケット矯正」です。今はセラミック製やプラスチック製の目立ちにくいブラケットもありますので、目立つのが嫌という方も安心して矯正ができます。

iGOシステム(透明マウスピース型矯正(歯科))

iGOシステムとはシンプルな審美的矯正や歯列矯正と修復治療を組み合わせた包括的治療を実施することを目的として開発されたマウスピース型デジタル矯正システムです。
着脱可能で透明に近い目立ちにくいマウスピース型矯正(歯科)装置の「アライナー」を使用する iGOシステムは、治療期間中も患者様が普段通りに食事や歯のお手入れし、見た目も気にすることなく治療を受けていただくことを可能にします。

iGOシステムのメリット

  • 3ヶ月〜10ヶ月で治療可能
  • 目立ちにくい・・・透明に近く目立ちにくいため、装着していることがほとんどわからず、見た目によるストレスを感じさせません。
  • 気になる前歯を気軽に・・・前歯部を対象とした歯科矯正治療です。口を開けるときに目についてしまう前歯部の歯並びを段階的に矯正し、きれいな歯並び・理想的な笑顔へと近づけていきます。
  • 矯正治療後の後戻りにも・・・iGOシステムは後戻りへの柔軟な対応が可能で、歯並びを再び整え直すことも可能です。
  • 取り外しができて衛生的・・・食事や歯磨きのときには取り外しができ、普段通りの生活を送ることが可能な点や、口腔内の衛生面も正常な状態に保つことが可能です。
  • 3D治療計画(治療後のイメージを可視化)・・・独自の3D治療計画ソフトウェアを通じて、治療開始から完了に至るまでの歯の動きを、コンピューター画面上で画像および動画として再現します。

舌側矯正

通常の矯正では歯の表側に装置を付けますが、歯の裏側に付ける矯正です。裏側矯正ともいわれ、歯の表面に装置が見えないことから、矯正中であることをほとんど気づかれません。

インプラント

インプラント

インプラントの必要性

歯を失ってしまった際は、「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」のいずれかの治療を受けて頂くことになります。当院では患者様の今後の口腔環境を考えインプラントを推奨しております。

利点

  • 自分の歯と同じ感覚で食べることが出来る
  • 歯がなく笑えないなどのコンプレックスの解消
  • 歯を失った部分のみを治療でき、他の歯に負担をかけない

治療期間に関してTERM

通常では術後3ヶ月以降に噛める
ところを1ヶ月後には
歯を入れ、
噛むことが可能になり
治療期間を短縮することが
可能になります。
手術手術1週間
抜歯抜歯1週間
型取り 型取り2週間
被せ物
治療被せ物
治療

ガイドシステムを使用して埋入

インプラントのガイドシステムとは、撮影されたCTデータを専用のシミュレーションソフトに取り込み、あごの骨の硬さや形態、神経や血管の走行、周囲の歯の根っこの位置などを確認しながら、埋め込みの位置を診断できるシステムです。これによってインプラントの機能性、美しさが発揮され、手術の時間も短縮することができます。

オペ室完備

当院ではオペ室を完備しており、難症例にも対応しております。

審美治療

審美治療

美しい口元はビジネスにも影響

口元の美しさは第一印象に大きな影響を与えるといわれています。日本人はあまり気にしない方が多いようですが、欧米では審美や矯正で口元をきれいにしておくことが常識です。ビジネスにも影響を与えるからです。

マイクロスコープが活躍

当院の審美治療では、細かいところまで拡大できるマイクロスコープを用いて、繊細な治療を行います。例えば、ラミネートベニアという、歯の表面を薄く削ってセラミックのベニアを貼る治療方法がありますが、健康な歯を削るのは最小限にすることが肝心です。そこで、マイクロスコープを用いることで、0.3 mmという極限まで薄く削るという処置が可能になります。

オーラルスキャナーも活用

当院では、オーラルスキャナーを用いて型取りの時間を省略し、歯科用ミリングマシンでスピーディに加工したものを当日のうちに被せることができます。通常なら1週間空けて行う処置が、その日のうちにできることで、感染のリスクを減らせますし、患者様の時間を奪いません。※10月から実施可能

素材の選定について

近年、審美治療のメタルボンドクラウン治療において、歯の根元が黒く見えることが問題視されてきました。その解決策として、ジルコニアという素材が使われようになっています。ジルコニアはセラミックと比較しても、薄くても割れにくいという長所もあります。当院では、こうした素材の選定についての情報を患者様にご提供します。

また、審美治療では、素材の性能のみならず、それを加工する腕も大事なポイントです。当院では院内技工を備えていますので、素材が劣化しないように、噛み合わせを調整して、細かく削ったり調整したりすることが可能です。

ホワイトニング

ホワイトニング

オフィスホワイトニング

診療室で行うホワイトニングです。歯科医師の管理のもと、ホワイトニングジェルを歯に塗布した部分にライトを当て、白くしていきます。1回のホワイトニングで効果を得ることができます(個人差があります)。

当院で行っているのは、ポリリン酸ホワイトニングです。これは『分割ポリリン酸』を使用した、痛みを抑えた、効果が期待されるホワイトニング方法です。

ホームホワイトニング

歯型に合わせたマウストレーを製作し、自宅で行うホワイトニングです。効果が期待されるジェルを用いて、ゆっくり時間をかけて歯を白くします。

デュアルホワイトニング

オフィスとホームの両方を組み合わせるホワイトニングです。オフィスの高い効果を、ホームで定着させるという、両方の相乗効果が期待できます。

口腔外科(親知らず)

口腔外科(親知らず)

口腔外科の担当医による外科手術

口腔外科医が担当することにより、数多く経験を積んでいる医師なので安心度が上がります。難しい口腔外科手術も可能ですのでご相談ください。また大学病院の口腔外科との連携をとることで早急な対応も可能になっております。

(※口腔外科の担当医は2019年より在籍予定)

親知らずの抜歯について

親知らずの抜歯については、周囲の歯への影響をよく調べて診断します。「残したい」という患者様のご希望には可能な限り配慮をいたします。ただし、親知らずの歯そのものに問題がなくても、その隣の奥歯の健康をチェックして、もし親知らずがあることによって歯周病やむし歯などのダメージを受けていた場合は、しっかりご説明したうえで治療いたします。

入れ歯

入れ歯

入れ歯とは

入れ歯は歯を失った際の代替え手段になります。一人一人のお口の環境に合わせて入れ歯を製作していきます。なるべく邪魔にならないような形を目指していきます。

金属床・ノンクラスプデンチャーなど

金属製の入れ歯は床部分を薄く作ることができるため軽く、プラスチックに比べて丈夫です。熱を通しやすいため、食べものの温度が伝わりやすくなります。また、ノンクラスプデンチャーは入れ歯を固定するための金属製のバネ(クラスプ)を使用しないタイプの入れ歯で、床部分が薄いため軽量で、見た目も自然に仕上がります。

入れ歯についての考え方

部分入れ歯の場合は、健康な歯で支えるという側面があるため、その健康な歯に負担がかかり、悪くなってしまうというデメリットがあります。また、総入れ歯の場合も材質が不安定で、早期に劣化してしまうものもあります。それぞれ利点欠点が御座いますので、できるだけ患者様のご要望に沿う治療を提供します。まずはご相談ください。