こんにちは! 本日も秋葉原総合歯科クリニックの公式ブログをご覧いただきありがとうございます。前回入れ歯が合わなくなってしまう原因や合わなくなった時の対処法についてについて書かせていただきましたが、今回は入れ歯が壊れてしまう原因や、そうなってしまったときの対処方法について解説させていただきます。

よくある入れ歯の壊れ方のパターン

これまでの診療で数多くの破損した入れ歯をみてきましたが、壊れ方にはパターンがあり、ほぼ下記の3つに集約されます。

①入れ歯にヒビが入ってしまった
②入れ歯の一部が割れてしまった
③人工歯(歯の部分)や金属のバネが取れてしまった

ちなみに、壊れてしまった入れ歯ですが破損の度合いにより「修理できる場合」と「作り直しが必要な場合」に分けられます。入れ歯は国家資格者である歯科医師や歯科技工士により、患者さん一人ひとりのお口の状態に合わせてとても精巧につくられています。入れ歯に破損が生じると食べ物を噛むなどの機能面が失われるだけでなく、緻密に調整されたバランスが崩れてしまうので、ぜひ入れ歯を作ったかかりつけの歯科医院、もしくは入れ歯治療の実績が豊富な歯科医院に行って専門家の判断を仰いでいただければと思います。

入れ歯が壊れた際に注意すべき点

入れ歯が壊れてしまった際にぜひご注意いただきたいポイントが3つほどあります。破損後の対応を誤ると、機能面が失われるだけでなく入れ歯を使用する方の健康を害する恐れもありますので、ぜひお守りいただきたいと思います。

①壊れた入れ歯を使い続けない
入れ歯が壊れたのがわかった際、まだ噛めて使えるからといって使い続ける方がいらっしゃいますが、こちらは絶対におやめください。壊れた入れ歯を無理して使い続けると、噛んだ時の負荷によって破損がより進行してしまう場合があります。本来なら修理で済む程度の破損だったにも関わらず、無理して使って破損が進むと「作り直し」ということにもなりかねません。そうなると入れ歯を最初から作り直さなければならないので、余計な費用と歯科医院に通う労力と時間がかかることになってしまいます。また、壊れた入れ歯を使い続けると、破損した箇所が口腔粘膜を傷つけてしまったり、破片を誤嚥(誤って飲み込んでしまうこと)してしまう危険性もあります。

②自己流で修理をしない
入れ歯が壊れた際「すぐに使えないと困るから・・・」「わざわざ歯医者に行くのが面倒・・・」といった理由で、ご自身で応急的に修理してしまう方がいらっしゃいますが、こちらもおやめいただきたいです。先ほども申し上げましたが、入れ歯は大変精巧につくられていますので、一般の方が元通りに修復するのはほぼ不可能です。自宅にあるペンチなどの道具で調整したとしてもバランスは元通りにならず噛み合わせなどに悪影響を及ぼしますし、最悪破損が進んでしまうこともあります。また取れたり割れてしまった箇所を瞬間接着剤でくっつける方もいらっしゃいますが、こちらも絶対におやめください。接着する際にずれた状態でくっついてしまうと、後から歯科医院に持ってきたとしても修理するのが大変難しくなってしまいます。そもそも論ですが、瞬間接着剤は口に入れる前提で作られていないので、身体に有害な成分も含まれています。瞬間接着剤で修理した入れ歯を使用し続けることで、接着剤に含まれている成分が口腔内に溶け出し身体に取り込まれることで、健康被害を及ぼすこともありえます。

③歯科医院に行くのを後回しにしない
上記①、②とも重複しますが、壊れた入れ歯の継続使用可否の判断や、修理は、入れ歯の専門家である歯科医師や歯科技工士にしかできません。素人判断で壊れた入れ歯を使い続けたり修理をしてしまうと、さらなる破損や健康を害する危険性があるので、速やかに歯科医院を受診し、歯科医師の判断を仰ぐようにしましょう。また、入れ歯の無い状態が長く続くのは歯並びにとってもよくありません。歯は隣の歯同士で適度な力をかけながらバランスを保っています。しかし、歯が無くなってスペースが空くと、片一方からのみ力がかかることになり、歯の無いスペースの方に歯が傾いて倒れてきます。そうなると、元々使っていた入れ歯がぴったりはまらくなるため、矯正治療で歯の位置を戻したり削るなどしなければならなくなり、余計な時間とコストがかかってしまいます。

入れ歯の壊れる原因とその予防策

①入れ歯のお手入れ方法を守る
入れ歯を綺麗に清掃する際には、適切なケア用品を使うようにしましょう。研磨剤が多く含まれた歯磨剤や、毛の硬いブラシでゴシゴシ磨いてしまうと、入れ歯の表面に傷がつき摩耗や破損の原因になります。また、清掃する際に力を入れ過ぎるとその力に耐えきれず入れ歯が壊れてしまう場合があります。入れ歯の種類ごとに適切なメンテナンス方法がありますので、歯科医師の指示を守ってお手入れをするようにしましょう。

②入れ歯は水に浸けて保管する
入れ歯の中でも保険の入れ歯やノンクラスプデンチャー(金属のバネがない義歯)は、レジンというプラスチックや特殊な樹脂を多用してできているため、乾燥に弱いという特徴があります。乾燥状態が長く続くと、ヒビが入ったり割れたりすることがあるので、就寝時など入れ歯を外したり保管する際には必ず水に浸けておくようにしましょう。

③定期検診に行く
入れ歯の破損を未然に防ぐという意味でも、定期的に歯科医院で検診を受けるようにしましょう。検診をおこなうことで「入れ歯にヒビや摩耗がないか?」「口腔粘膜に傷が無いか?」「噛み合わせのバランスに異常がないか?」「残存歯に問題がないか?」などの項目をチェックすることができます。結果的に入れ歯も長持ちし、お口の健康も維持し続けることができます。

④担当医の指示を守る
入れ歯はとても精密にできており、正しい使用方法で着用しないと、口腔内を傷つけてしまったり思わぬ破損につながります。例えば固いせんべいや、粘着性の高いキャラメルやチューンガムなどを食べてしまうと入れ歯が壊れてしまうことがあります。入れ歯を良い状態で長く使い続けるためにも、歯科医師や歯科技工士からの指示はしっかり守りましょう。

秋葉原総合歯科クリニック