マウスピース矯正を始める時によく聞かれることの一つに「痛みはないのですか?」という質問があります。つまりこれからマウスピース矯正治療を考えている患者さんの中には、痛みに関する不安を抱えている方が一定数いらっしゃることがよくわかります。

またもうひとつよく聞かれることが「ワイヤー矯正とマウスピース矯正では、どちらの方が痛みが少ないですか?」という質問です。ワイヤー矯正は金属のワイヤーを使っていて、しかも装置が完全に固定されているため痛みが強いのではといった印象を持っている方が結構多いようです。

一方で、マウスピース矯正の方は取り外しも簡単にでき、非金属の素材を使って矯正をするというイメージがある分、痛みが少ないという印象を持たれている方が多いのかもしれません。

しかし結論からお伝えすると、マウスピース矯正もワイヤー矯正も歯を動かすために持続的に力をかけることには変わりがないので、どちらが痛いかどうかというのは患者さん個人個人によって違ってきます。

ただ多くの患者さんが勘違いしているのは、矯正治療に伴う痛みがずっと続くと思っている方が多いということです。矯正治療を始めた直後は痛みや違和感を感じやすいですが、時間が経つにつれて痛みや違和感はだんだん和らいできて、3日ほど経つとほぼ違和感や痛みはひいていることがほとんどです。

ですので、よほど耐え難い痛みだった場合や、痛みが1週間経っても全然治まらない場合以外は、過度に心配することはないと思われます。

それではマウスピース矯正で発生する痛みの原因にはどのようなものがあるのでしょうか

マウスピース矯正で発生する痛み 3つの原因

①矯正力による歯の痛み
治療に使うマウスピースを歯に装着した際持続的に歯に矯正力がかかります。ハニー継続的に力がかかることにより鈍い痛みを感じることがあります最初は痛みが強く物を噛むのが辛い方もいらっしゃるようですのでそんな場合は柔らかいものを食べることをお勧めします

②マウスピース自体が歯の粘膜や歯茎に当たることによる痛み
マウスピースの縁の部分が歯の粘膜や歯茎に当たることで痛みが生じる場合があります。(縁が粘膜に当たり続けると口内炎になる場合もあります)縁の部分が鋭利になっていたり尖っている場合は、ヤスリなどを使って丸みを持たせることで痛みを和らげることが可能です。

③新しいマウスピースに取り替えた時に感じる痛み
マウスピース矯正は12週間ごとにマウスピースを交換し、少しずつ歯を動かしていきます。 12週間使って慣れてきて痛みや違和感がなくなったとしても、新しいマウスピースを入れることでまた新たに痛みや違和感が生じることがあります。 ただしこの痛みも2~3日すると治ることがほとんどです。

 

マウスピース矯正中に痛みが出た場合の対処法

何度もしつこいようですが、マウスピース矯正はマウスピースを1日20時間以上装着しないと効果が出ません。当初のシミュレーション通り、理想的な歯並びを実現するためには歯科医師の指示を守り装着時間をきちんと確保する必要があります。よほどのことが無い限りは可能な限りマウスピースを装着し続けていただきたいのですが、矯正治療中に強い痛みが出てきた場合は下記のような方法で対処してください。

【対処法①】マウスピースを一旦外す
マウスピースをつけることで痛みが生じている場合、原因はマウスピース自体にあるのでどうしても我慢できないような痛みがある場合は一旦取り外しましょう。再度装着した際にも同じような痛みが続くようでしたらかかりつけの矯正担当医までご相談ください。

【対処法②】痛み止めを飲む
マウスピース矯正による痛みを和らげるために、痛み止めを服用するのも一つの手段です。矯正歯科医としては、できるだけ長い時間マウスピースを装着して欲しいと思っています。なぜならそれが治療の成功を左右するからです。マウスピースが馴染むまでの間や、一時的に痛みが生じている場合など、痛み止めの服用も効果的な手段のひとつです。ただし、こちらも痛みがいつまでも治まらない場合は、矯正担当医までご相談ください。

【対処法③】マウスピースの縁を削る
作ったマウスピースの端が歯茎や粘膜に当たって痛い場合は、やすりなどを使って鋭利な部分を削り、丸みをもたせて痛みを和らげてください。(ただし、マウスピースを削りすぎると矯正力が正しく働かなくなる場合があるのでご注意ください)もしご自身で調整しても痛みが改善しない場合は、かかりつけの矯正歯科に行って担当歯科医師の指示を仰いでください。

【対処法④】虫歯や歯周病の治療をきちんと受ける
マウスピース自体に原因がない場合、治療を受けている患者さんの歯や歯茎に問題がある可能性があります。原因として考えられるのは虫歯や歯周病など口腔内の疾患です。これらの疾患がある場合、根本的にこれらを直さないと痛みが改善しないので、一旦治療をストップして治療することをお勧めします。

秋葉原総合歯科クリニック