コロナの感染で非常事態宣言が出ている今、ウイルス感染予防対策は必須です。

歯医者でできるウイルス感染予防があります。

歯石除去をはじめとした、口腔内のクリーニングです。

 

ある施設で、専門的な口腔ケアを行なったグループと、それ以外のグループでインフルエンザの発症率を比較した研究があり、

その結果は

専門的な口腔ケアを行なったグループはそれ以外のグループに比べて

発症率を1/10にすることが出来たという研究結果が出ました

 

口腔ケアでインフルエンザなどの感染予防ができるんです!

 

なぜ口腔ケアでインフルエンザに罹りにくくなるんでしょうか?

ウイルスは喉などの粘膜から体内に侵入してくるのですが

いつもは喉から常にタンパク質の膜で覆われてカバーされています

しかし口の中の細菌が多いと、細菌が出す毒素により粘膜にあるカバーがなくなり、

ウイルスが細胞内に侵入してしまいます。

ウイルスの減少には、口腔ケアが一番です。

口腔ケアはその他にも、肺炎予防など他の病気の発症予防にもなります。

 

感染の窓はお口になります。

 

緊急事態宣言が終わり、外出ができるようになったら歯医者でクリーニングをして感染予防をしましょう。

秋葉原総合歯科クリニック