精密治療・マイクロスコープ

根管治療にマイクロスコープ

マイクロスコープで発見できること

マイクロスコープで発見できること

歯科用マイクロスコープは、まだ全国の歯科医院では導入率が低い機器ではありますが、当院の治療には欠かせません。マイクロスコープは肉眼では見えないものを21倍にまで拡大して治療できます。

肉眼で治療するより、鮮明に治療することができ、見えない小さなむし歯を発見できますし、神経が入り組んでいたり、奥まっていたりする歯の根っこの治療も精密に治療ができるからです。

低侵襲治療の実現

むし歯の治療で、むし歯菌に浸食された削るべき個所と健康な歯組織の境界がはっきりします。これにより、不必要な削りを排除できます。

マイクロスコープ精密治療が生み出すメリット

  • つめものや被せ物が高精度で適合し、結果として長持ちさせることができます。
  • 歯の色あいや微妙なグラデーションを捉えられ、審美性を追求しやすくなります。
  • 歯の形や適合調整において、0.1mm単位で精密な調整が可能となります。
  • ごく小さなむし歯や、その他の病巣を見つけやすくなり、早期治療につながります。
  • 歯と歯茎の間の「歯周ポケット」についても正確に状態確認ができます。
  • 歯の削る範囲を最小限度にとどめることが可能です。
  • 天然歯が長期間維持され、抜歯を少なくさせる効果に期待できます。

オーラルスキャナー

ペーストを使った型取りが苦手?

ペーストを使った型取りが苦手?

歯医者で苦手なものとして、「キーンいう音」、そして「型取りするのが苦しい」というお声をお聞きします。詰め物や被せ物をする際、ペースト(粘土のような材料)で口の中の型取りを行うのは一般的な治療方法です。しかし、それが苦手な患者様は多く、固まるまで時間を要します。しかも、材料の質や模型の変形などがあり、誤差が生じることもありました。

従来の型取りを不要にするオーラルスキャナー

当院ではこうした課題を解決するためにオーラルスキャナーを導入しました。このスキャナによって、口の中をデジタル撮影し、誤差がなく精密な型取りをすることが可能なったのです。オーラルスキャナーは撮影に数分程度時間を要するだけで、すぐに型取りできます。大幅な時間短縮が可能ですし、気持ちの悪い思いや苦しい思いをすることもありません。

また、デジタルデータとなるため、治療後や矯正後のシミュレーションも容易にでき、治療計画やカウンセリングの際にわかりやすくご説明できます。治療前の状態と治療後のイメージが比較できることから、ご納得いく治療を選択できることにつながります。

当然ながら、デジタルによる精密な型取りによって、ペーストによる型取りのような誤差が生じなくなり、治療後の精度も向上します。